農業に興味が湧いた日

未分類

農業を知った日

まず、私は白ごはんが好きだった。🍚

中学生の頃、よく自己紹介で言う好きな食べ物はなんですか?って言う質問。それに応えるために思いついたのが、白ごはんだった。

でも、そんなこと言う人って誰もいないよなって思った当時、これって私だけのものなんじゃないかと嬉しかった。

だから、ちょっとこの部分をもっと突き詰めたい。

そうやって田んぼを見るようになった。

そしたら、稲ってかっこいいんですよね。

ある程度成長段階のふさふさのイネ。緑のイネ。風が吹いても揺れては戻ってくる。確実に戻ってくる。

強くてしなやかで、お空にすっと伸びていて、ぐーッと立っている、その姿にやられました。かっこよかった。

私もこんな風に生きたい。

そう思ったんです。

それにトラクター🚜もかっこよかった。乗っている人はおっちゃんなんだけど、その運転する雰囲気がかっこよかった。農家ってなんかいい!やってみたいぞ。そう感じたんだ。

カッコいい稲を作るかっこいい農家さん

憧れました。

これが農業に興味を持ったきっかけです。

農業知ったの次

それから、

  • 農家になるにはどうしたらいいか?
  • 農家ってどんな仕事なの?
  • バイトとかないの?

と調べ始めました。

高校では、大学の農学部で勉強したいと思って勉強していました。ちょっと私の決断力のなさで、大学は体育学部に行ってしまったんですが、その中でも、自分なりに勉強して、動いて、就職するとこまで持っていくことができました。

大学中なにをやっていたか。

は、またお話していこうと思います。

農業を始めるのは簡単ですが、その一歩を踏み出すまでがむずがしいと思います。

私はそうでした。

私の歩んできた道からは、ちょっと遠い道なので、踏み出す勇気が必要でした。

そのためにはやはりいろいろ経験し、中に入ってみること。試してみることが重要で、少しずつその世界になれ、私もここで生きていける!と言う自信をつけることが必要です。

振り返ってみれば、そんな遠い道ではなかったですが、それは踏み込めたから言えることかなっとも思うので、

やりたいことがある人は、思い切って頭突っ込んでみるといいかもしれませんね^ ^

今日は以上です。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました